【2023年8月】セミナー情報

【オンライン開催】『さまよう心、心ここにあらず、ついつい他ごとを考えてしまう私たち…』~マインドワンダリングのメカニズムを理解する(8/2)

【テーマ】 『さまよう心、心ここにあらず、ついつい他ごとを考えてしまう私たち…』~マインドワンダリングのメカニズムを理解する

【講師】 梅田亜友美先生(東北大学 大学院教育学研究科 助教)

マインドワンダリングとは2006年頃から提唱された概念で、「ついつい他ごとを考えてしまっている状態」のことを言います。ADHD、創造性、抑うつ、マインドフルネス、コンパッションなどの関連についても研究がされています。マインドワンダリングを理解することは、心理職として日常の臨床現場に役に立つと考えられる。ぜひ、この機会に一緒に学びませんか?

【内容】

  • マインドワンダリングとは?
  • 白昼夢との違い
  • ポジティブな側面:クリエイティビティの向上
  • ネガティブな側面:ネガテイブ感情
  • 制御のメカニズムと介入方法
  • より学びたい方向けのツール

【申し込み】以下のPeatixサイトから受付しております。

【オンライン開催】心理職に求められるダウン症の理解と支援方法(8/4)

【テーマ】心理職に求められるダウン症の理解と支援方法

【講師】 熊本大学大学院 教育学研究科特別支援教育講座
教授 菊池哲平

【内容】

  • ダウン症そのものの基本的な理解
  • ダウン症の子どもの心理的特性
  • 言語面の発達と支援方法
  • ダウン症の子どもをもつ保護者の支援
  • そのほか、より学べるセミナーや書籍等の紹介

【申し込み】以下のPeatixサイトから受付しております。

【オンライン開催】認知行動療法とウェルビーイング(8/7)

【テーマ】認知行動療法とウェルビーイング

【講師】 岩野 卓 先生(認知行動コンサルティングオフィス)臨床心理士・公認心理師・認知行動療法士

心の健康を向上させるための手法として認知行動療法は広く認識されています。
今回、私たちはこの有効な心理療法とウェルビーイングとの密接な関連性を探るためのオンラインセミナーを開催します。

このセミナーでは、認知行動療法とウェルビーイングを専門とされている岩野卓先生に、CBTがどのようにして個々のウェルビーイングに貢献できるか、
またその効果をどのように最大化できるかについてご講演していただきます。

認知行動療法とウェルビーイングの可能性を一緒に探求しませんか?

【内容】

  • メンタルヘルス向上プログラム
  • プログラム開発とその実施の裏話
  • プログラムのコストパフォーマンス
  • スクールカウンセラーが、プログラムを使うなら
  • ウェルビーイングセラピーとの違い
  • もっと学びたい方向けのリソースの紹介

【申し込み】以下のPeatixサイトから受付しております。

【オンライン開催】成長マインドセットを育む(8/9)

【テーマ】マインドセットを育む

【講師】 竹橋洋毅 先生(奈良女子大学大学院 人間文化総合科学研究科 准教授)

【概要】
近年、教育分野で注目される、成長マインドセット。
子どもの育ちを考える上で有用な概念だとされますが、決して万能薬ではありません。
成長マインドセットとは、どんな概念で、どんな効果があるのか、その教育方法について共に考えます。

【申し込み】以下のPeatixサイトから受付しています。

【オンライン開催】男性が性被害を受けるということ~男性性被害サバイバーの支援と実際~(8/18)

【テーマ】男性が性被害を受けるということ~男性性被害サバイバーの支援と実際~

【講師】 熊本大学大学院 人文社会科学研究部
     准教授 高岸幸弘

【内容】

  • 男性の性被害の実態
  • 性被害を受けた男性への影響
  • 男性の性被害の独自性
  • 回復のために必要なこと
  • カナダにおける男性の性被害サバイバーの支援施設

【申し込み】以下のPeatixサイトから受付しています。

【現地開催】見ながら学ぶ初心者のためのWISC-Ⅳ

WISC-Ⅳ(Wechsler Intelligence Scale for Children-Ⅳ)は、児童の知能を評価するための最も広く使用されている知能検査です。
しかし、実施方法は初めての心理職にとっては複雑であることがあります。

このセミナーでは、WISC-Ⅳの基本的な概念と実施方法を、見ながら学ぶことができます。
専門的な知識がなくても、初心者の方でも安心して参加いただけます。
※公認心理師・臨床心理士・臨床発達心理士など、心理学に関連した資格をお持ちの方に参加を限らせていただきます。

※今回の参加者は限定40名様とさせていただきます。

模擬の検査場面を見ながら、一緒に学習を進めていきましょう。

【セミナー内容】

  • WISC-Ⅳの全体像を理解する
  • WISC-Ⅳの構造や項目について学ぶ
  • 模擬検査場面から学ぶ
  • 集計の仕組みを学ぶ

【資料について】

  • 本セミナーは資料ダウンロードサイトからの資料販売はありません。
  • セミナー代金に資料代を含めております。

【講師】
安東大起(公認心理師・臨床心理士)
福井梨乃(公認心理師・臨床発達心理士・特別支援教育士)
大野詩織(公認心理師・臨床心理士・スクールカウンセラー)
香川葉月(公認心理師・臨床心理士)

【場所】
プロム梅田
https://www.rentalspace.for-rest-lib.com/

【申し込み】以下のPeatixサイトから受付しています。

【オンライン開催】場面緘黙は「治る」のか?~場面緘黙経験者の研究から~(8/21)

【テーマ】場面緘黙は「治る」のか?~場面緘黙経験者の研究から~

【講師】 島根大学教育研究推進学系 障がい学生支援室 講師 山中智央
     筑波大学大学院人間総合科学学術院人間総合科学研究群心理学学位プログラム 藤間友里亜
     大阪大学国際共創大学院学位プログラム推進機構 特任助教 辻田那月

【内容】

  • 場面緘黙を経験した成人の研究
  • 話せるようになるまでの過程、話せるようになってからの困りごとやその過程
  • 場面緘黙を経験した人としていない人の比較研究
  • 発話の頻度、対人不安、ASD特性
  • 場面緘黙を経験した人の発話行動の特徴
  • オンラインでの会話実験
  • どういう状態になったら「治った」という状態なのか?
  • 当事者たちが感じる「治った」という状態に関する研究

【申し込み】

  • X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です