【2023年7月】インターネットを活用した自殺予防

セミナー概要

【テーマ】インターネットを活用した自殺予防

【講師】 末木 新 先生 和光大学 現代人間学部 心理教育学科 教授 公認心理師・臨床心理士

厚生労働省の報告によると令和4年の自殺者数は21,881人で、前年に比べ874人(4.2%)増となっています。この『自殺』という国家的課題に関して、末木先生はインターネットを活用する実践と研究をされています。末木先生の取り組みと研究を参加者と共有することで、新しい観点からの自殺予防について理解を深めたいと考えています。

アジェンダ

・インターネットを活用した自殺予防の取り組み
  ・検索連動型広告
  ・テキスト(メール)での支援
  ・AIの活用(今後の展望)

・取り組みの発展と効果の検証
  ・取り組みの歴史
  ・自治体との連携、財源
  ・効果検証

・自殺への危機介入の手前/川上を考える

資料販売について

当日の講演資料は、別売りです。希望者のみ1000円で購入することができます。
こちらのサイトで販売します。準備ができ次第、掲載いたします(セミナー1週間前を予定しております)。
見逃し配信は一週間後に配信を開始いたします。2024年3月末まで視聴可能です。

臨床心理士研修ポイント

【臨床心理士研修ポイントについて】
以下の3つのセミナーすべてを受講された方は、臨床心理士研修ポイントを申請予定です。
(※2つ以下のセミナー受講では、申請できません)

  1. 『インターネットを活用した自殺予防』
  2. 『うつ病に対する効率型認知行動療法』
  3. 『反すう焦点化認知行動療法の理論と実際

7月19日に、受講者全員にメールをお送りします。メールにフォーㇺを添付しますので、ポイントを申請したい方は、必要事項をご記入して送信してください。

関連図書

【参考】
末木新先生のご著書
『「死にたい」と言われたら ――自殺の心理学 』筑摩書房
『インターネットは自殺を防げるか: ウェブコミュニティの臨床心理学とその実践』東京大学出版会
『自殺対策の新しい形―インターネット,ゲートキーパー,自殺予防への態度』ナカニシヤ出版
『自殺学入門―幸せな生と死とは何か』‎ 金剛出版

  • X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です